タイプライター|労働問題、高齢者問題、企業法務 弁護士法人おおどおり総合法律事務所川崎オフィス

寺岡の所属する「弁護士法人おおどおり総合法律事務」は、平成23年4月に横浜市中区で設立された弁護士法人です。設立当初の弁護士は3名でしたが、現在は、5名(うち1名は客員弁護士)となっております。
平成28年7月に川崎オフィスを設立しましたが、令和2年に私が体調を崩し、本 年6月に閉鎖しました。現在の私は、復帰に向けて準備中です。そのため、現在は新規のご相談はお断りさせていただいております。申し訳ございません。

現在、事情により、新規のご相談はお断りしております。

上に書かせていただきましたとおり、現在の寺岡は復帰に向けて準備中です。 そのため、現在は新規の案件はお断りさせていただいております。
 なお、寺岡は、次の分野を業務の中心といます。寺岡は、弁護士になる前は社 会保険労務士として労働法や労務管理を中心として活動していたたため、労働者 からのご相談だけでなく、労働者を大切にしようとお考えの企業様の顧問弁護士 として、労務管理等のアドバイスもさせていただいております。
 その他、弁護士になってからは、高齢者関係の仕事を多くさせていただいてお ります。成年後見制度などだけでなく、高齢者虐待のご相談にも、多く対応させ ていただいております。なお、高齢者虐待との関係で、最近多い事案は、高齢者 の息子・娘の一部が高齢者を自宅や施設に囲い込んで、他の兄弟姉妹に会わせよ うとしない事案(高齢者の「囲い込み」にも、積極的に取り組んでおります。
 また、その他、離婚、交通事故、労災、建築紛争、刑事事件など、その他の分 野の案件も多数手掛けています。

労働 問題

労働問題|弁護士法人おおどおり総合法律事務所川崎オフィス

社会保険労務士の経験から労働問題に精通する当方にお任せください。「不当解雇された。」「労災なのに会社が手続をしてくれない。」「サービス残業が多い。」「家族が過労死した。」「過労自殺を図ったが未遂に終わった。」など、労働問題でお悩みの方はご相談下さい。

高齢者 問題

高齢者問題|弁護士法人おおどおり総合法律事務所川崎オフィス

神奈川県弁護士会の「高齢者・障害者の権利に関する委員会」の活動に参加しています。多くの高齢者問題は、弁護士だけではなく行政や地域包括支援センター、社会福祉士と連携して取り組むことが必要です。その点を踏まえ、「成年後見」「高齢者虐待」などのご相談を承ります。

企業 法務

社会保険労務士として様々な業種のコンサルティングの経験を持ちます。「就業規則作成」「労務管理コンサル」「勤務状況の悪い従業員を解雇したい。」「従業員がユニオンに入って団体交渉を要求してきた。」など様々な企業法務に対応した取り組みをいたします。

 

次のような姿勢でとりくみます

ご依頼者との対話やご依頼者のお気持ちを大切にします

心をこめた対応|弁護士法人おおどおり総合法律事務所川崎オフィス弁護士の業務は、法律に基づいて行うものですので、ご依頼者のご希望を全てかなえるということはできないことが多いです。しかし、法律の制限の中で、ご依頼者のご希望をできるだけ実現するように努力します。 また、複雑な事案で悩まれているご依頼者の場合、どのような方向で解決したいのかなど、ご自分の気持ちがなかなか整理できない方がいらっしゃいます。これは無理もないことです。じっくりとお話をお伺いしながら、どのような解決方法が望ましいのかを一緒に考えます。

研修会・講演会の講師をお引き受けいたします

労働問題・高齢者問題・企業法務などの研修会・講演会ならお任せください

社労士のときから、さまざまな場所で研修会の講師や講演会などをさせて頂いています。これまで行った主なテーマは・・・

  • 講演|弁護士法人おおどおり総合法律事務所川崎オフィス労働問題について
    • さまざまな労働時間制度
    • フレックスタイム制導入の注意点
    • 裁量労働制のプラス面とマイナス面
    • 就業規則作成時の注意点
  • 高齢者問題について
    • 成年後見制度の概要
    • 遺言・相続の注意点
    • 高齢者虐待の現状と対策
    • 高齢者虐待防止法の実務
    • 高齢者施設における事故対応

などです。 なお、講師料については、できるだけご予算に合わせますので、お気軽にご相談ください。

 

ホームロイヤーのとりくみもしています

家族の幸せのために取り組んでいます

ホームロイヤー|弁護士法人おおどおり総合法律事務所川崎オフィス ホームロイヤーとは、かかりつけのお医者さんと同じように、自分の身の回りで起きる、法律が関係する問題について、顔なじみの弁護士に相談できるというものです。 「法律の問題なんて、そんなにしょっちゅう起きないよ。」とお思いになる方も多いと思いますが、ちょっと熱が出たりおなかを下したりしただけでもかかりつけのクリニックに行くように、法律が関係しそうな、ちょっとしたことがあったときに、気楽に弁護士に電話したり直接会ったりしてアドバイスを受けることができます。 例えば、「離れて暮らしている両親が高齢で心配なんだけれど、何かできることはないか」とか、「最近、変な電話がかかってくるんだけれど、どうすればいいか」とか、法律が関係しそうな事柄だったら、なんでもご相談頂けます。 費用は、月額1万円程度です。私の場合、高齢で一人暮らしの方、高齢で介護サービスを利用しているご両親と離れて暮らしている方、精神疾患をお持ちの方など、さまざまな方々とホームロイヤー契約を結ばせて頂いています。

Print Friendly, PDF & Email